フリーランスの仕事 rowanunite

フリーランスの仕事 rowanunite

フリーランスの仕事 rowanunite

Googleも始めたIaas、App Engineとは?

Iaasサービスインフラといえば代表的なのがAmazonEC2、大規模なサーバプール上にまさにこれぞクラウドだといった感じのインフラを利用できる、、実は最近になってGoogleからもリーズナブルで強力なGoogle Compute Engineが登場しました。

クラウドといえば自動スケールアウトは当然ですが、App Engineではスケーラビリティもかなりハイレベルです。

■トラフィック量に応じて自動スケールアウト

■アクセス増加時には自動インスタンス起動

バックのデータストアも大規模リクエストに対応し、DBサーバを複数用意したり、基盤を構築して振り分けるような機能実装も不要です。App Engineではデータベースとは違うものとしてDatastoreを塔載していますが、自動スケールのためにはこの機能がフルに活かせるでしょう。

App Engineは厳密に言えばアプリをどうこうするだけで稼動させることができますのでPaasになります。つまりOSを操作するEC2の場合はIaasですが、やはり運用の手間は少ない分制限は増えます。またCloud StorageやCompute Engineなどもありますので、色々とシステム構成を使いまわせばできないことはないかもしれません。

どちらも特殊なノウハウがある、というネックは存在しますが、どんどん緩和されてきているようです。もちろん独特の安定感、フォルトはゼロだろう、という安心感は頼りがいがありますね。

個人向けクラウドといえばストレージサービス!

ftpやNFS、NASのストレージ等、リモートで利用できるストレージ技術にも色々ですが、最近目立って利用者が増えているもの、といえばクラウドストレージを誰もが指摘するでしょう。個人向けの無料サービスもたくさんあったり、その容量や有料での価格、追加のサービスなども多様で常に変化しています。

■Dropbox

Dropboxは国内で初めて普及したクラウドストレージサービスです。Windowsのエクスプローラーとの統合機能もあり、WEBインターフェースも使いやすいことで人気です。

■Google Drive

実はこちらも好み、という方が多い、Dropboxを追い上げているとも言われるのがGoogle Drive。GoogleDocsも利用できますのでコラボレーション的ツールとしても価値ありではないでしょうか。

■Amazon Cloud Drive

クラウド系で優位に立つAmazonのサービスです。無料で5ギガ、有料の場合もDropboxよりリーズナブルで、通信速度も早くて使いやすいといわれています。

■SkyDrive

MicrosoftのサービスですがDropboxのセカンダリーというユーザも多かったり、またやはりWindowsならではの親和性はWindowsユーザにはお勧めですね。

素早くUSBメモリへ、自動でリモートへ等、バックアップ方法にも色々ですが、パブリッククラウドの高いセキュリティを加味したフリーのツールもやはり可用度は高いですね。

20代にも多いメンタルヘルス不調、、

若いエンジニアに増えていると言われるメンタルヘルスの不調、つまり心の病の特徴として、自己愛が強い、自己中心的、責任感が強い、協調性が乏しい、などの方がかかりやすいと言われています。またメンタルヘルスといえば鬱病にかかる方も多く、欝といえば、

■悲しさや憂鬱感

■何に対しても興味が沸かない、楽しく感じられない

■疲れやすく常にだるい

■集中力が低下している

■食欲も運動欲もない

■思考が堂々巡りする

■失敗をすると立ち直れない

このような項目に当て嵌まる方はまず仕事の中身をチェックしてみて、満足度が低ければ色々な観点から見直しをしてみることも大切でしょう。

最近はメンタルヘルスに関する資格としてメンタルヘルスマネジメント検定3種を推奨するところも多いようです。この資格はビジネスマンを対象に自分のストレスを把握し、自分でメンタルヘルスケアができるようになるための資格です。

会社の規模に応じて産業医や衛生管理者等の従業員の健康をサポートする役職を設置することが法律で義務付けられています。また地域の自治体にも様々な相談窓口があります。自分だけではなく、同僚がメンタルヘルス不調に陥って生活もままならなくなれば、その病状だけでなく様々なことが心配になるはずです。やはりエンジニアだからこそ、とも言えますし、普段からまずストレスには敏感に対処すべき、そしてできれば職場環境をトータルに見渡してケアできるようなスキルも持っておくべきでしょう。

クラウドの素朴なFAQ

■プライベートクラウドもクラウドなのか?

クラウドにはパブリックやプライベートといった種類がありますが、クラウドコンピューティングとはシステムやサービスを所有する形態から利用する形態に移行した結果であり、つまりクラウドといえばパブリッククラウドのことではないのか、と迷ってしまうのは当然と言えます。

ではなぜプライベートクラウドもあるのか、、自社内のイントラに構築された仮想化や自動運用機能はやはり基本的にはクラウドとは言えませんが、最近はエクスターナルプライベートクラウドという形態のプライベートクラウドらしいサービスも登場しているようです。

■クラウドのセキュリティは大丈夫か?

クラウド導入に際してどんな懸念があるかといえば、やはりまずはセキュリティだ、という企業が多かったものですが、最近は満足度がもっとも高い項目としてセキュリティレベルの高さを持ち出す企業が増えているそうです。初期費用の安さや運用コスト削減面も満足度は高いようですが、実際には専用線もあればVPNも使用できたり、データセンターの堅牢さやその専門的な運用スキルの高さなども関係しているでしょう。

■資源有効活用の効果は?

グローバルに見てサーバの8割は通電しているにもかかわらず無駄に放置されていると言われる状況から、共有するタイプのクラウドに移行すればエネルギー消費もかなり抑えられる、このことは間違いないでしょう。もちろん基盤だけのクラウドでは費用も高くなりますし、アプリケーションまでトータルに共有するクラウドはもっともコストが下がってくるでしょう。

WindowsXPを使い続ける企業はかなりの数にのぼる!?

今度こそ本当にサポートが終了してしまう、といえばWindowsXPクライアント、WEB上のメディアでも話題が持ち切り状態のようです。実際のXP利用状況といえば、自治体でもメインデスクトップとして稼動している数はかなりの割合に上るそうです。ではこのままサポート終了したらどうなるでしょう?やはりハッカーや悪意のあるプログラマーはWindowsXPマシンだけを次々に狙うことになりかねません。

Microsoftがセキュリティ更新プログラムを公開すると、サイバー犯罪者はすぐに脆弱性の場所を特定します。その後セキュリティ更新がインストールされていないマシンを悪用するためのプログラムを開発します。これはアップデートするたびに行われるイベントといってもいいでしょう。つまりその脆弱性がXPにも当て嵌まる場合には、永遠にそのゼロディアタックの危機にさらされることになります。

自治体に限らずあらゆる企業、組織で乗り換えを行うのが賢明と言えますが、業務アプリがXPでしか利用できない、IE6以外のブラウザでは稼動できない、ではウイルス対策ソフトはどうかというと、XPは当面サポートを継続するところが多いようです。セキュリティエンジニアはもちろん、インフラ系エンジニアもSEもサポート切れのXPを意識しながら業務を進めていくことになるわけですが、色々な場面に遭遇しながら乗り切っていくしかないのかもしれません。

デスクトップ仮想化がセキュリティレベルを大幅にアップさせる

WindowsXPのサポート切れが2014年4月、本当に間近になってきたこの頃ですが、サポート延命策を狙う企業もあれば、デスクトップ仮想化の導入を考えるところも増えているようです。仮想化といえばサーバだけではなく、セキュリティの観点からもかなり有効と言われるのがクライアントの仮想化です。XPの場合は仮想化するだけで大丈夫、とはいきませんが、IE6向けのWEBアプリをバージョンアップするためにはかなりの工数と費用がかかります。XPエミュレーションモードで実行させたり、セキュリティを高めつつアプリを延命できるようなソリューションもいくつか出てきているようです。

クライアント環境を仮想化するわけですから1つのサーバに対して同時に100台レベルのアクセスがあることも考えられますが、今ではネットワーク速度も進歩して、シンクライアントやリモートデスクトップなどのツールもかなりリアルに、つまりローカル環境と変わらない使用感を実現できるようになっています。

企業でも社員それぞれに適切な環境が用意され、シンクライアントもあればタブレットでもリモートから自分のデスクトップがそのまま利用できるようになります。海外出張でも同じこと、オフィスは長期間不在にするような場合もデータセンターレベルのVDIサーバがあれば業務を推進できることになります。

にわかな感じで注目され出した技術ですが、仮想化エンジニアにとっては大事なカテゴリーですね。

WEBの最新プロトコルを軽くおさらい

インターネットを利用するために欠かせないブラウザ、、Mosaic、Netscape、Internet Explorer、Opera、Safari、Firefox、Chrome等たくさんのブラウザがありますが、ブラウザといえばHTMLやCSS、javascriptを理解して表示するもの、という感じで基本は間違いないでしょう。またブラウザはたくさんのプロトコルを利用しますが、代表的なプロトコルといえばHTTPです。サーバと文書をやり取りする決まりですが、バージョン1.xを改善するためのプロトコルとしてGoogleが提案したSPDY、またこれをベースとして次期バージョン候補になったのがHTTP2.0、、すでに2.0を実装しているブラウザやWEBサーバも登場しています。

WEBアプリ的なレイヤーでは、WebSocketやWebRTC等が有名です。ソケットではブラウザとサーバ間でソケット通信をするため、つまり双方向通信を実現でき、RTCではブラウザ同士でチャットを実現するためのものです。

プロトコルといえば目的は何かはもちろん、どんなことから実現できているのかとか、セキュリティの課題は何か等、ネットワークエンジニアはもちろんプログラマーでも気になる部分だと思います。WEBを舞台に様々な議論が交わされているんですね。技術的にもっと高度な知識を得たい、という方にもプロトコルを学ぶことは大切だと思います。

jqueryでWEBデザインスキルがあっという間にレベルアップする

jqueryというと興味があるけど畑が違うとか、お世話にはなっているけど1から学ぶ機会がない、という方は多いようです。そもそもjqueryとは何かといえば、JavaScriptとHTMLでインタラクティブなサイトを即効で作るためのライブラリであり、フリーでオープンソース、今ではあらゆる場面で活用されているデファクト的なツールです。

jqueryでできることはJavaScriptでできることに違いありません。つまりjqueryがなくても自分で作ることは可能です。つまり再利用という現在のWEB開発では必須の考え方をJavaScriptで実現しているものなんですね。

jqueryはダウンロードしてすぐにheadタグに設置できますが、一様の注意点も存在します。例えば最新バージョンだけではなく、ブラウザが新しければいいですが、古いものも扱うのであれば旧バージョンが理想です。

jQueryはjQuery.jsを読み込んでからプラグインのjsを読み込む方法が一般的です。

■Lightbox
実はjqueryだったのか、とよく溜息を漏らす人がいるのがこのプラグインです。サムネイル画像をクリックすると真ん中に大きな画像をポップアップする、ECサイトでも定番のツールですね。

■galleria
画像をスライドして見せるプラグイン、画像の下側にリンクがあったり、これもワイヤーフレーム的に定番のツールです。

やはり魅力的だな、と思って使いたくなってしまいますね。

プログラマーのためのWEBデザインノウハウ

コーダーやプログラマーとしてWEBデザインも手掛けてみたい、しかしなかなか手につかないという方が最近多いそうです。PHPやPerl使いの方が例えばGitHub Pagesを公開していて、もうちょっと見栄えがよければ、というパターンもなんとなくわかるような気がします。もちろん最近はツール類も豊富です。CSSフレームワークとしてcompassを使用してなんとなくチャレンジしてみたり、有料テーマを買ってみるのもいいかもしれません。

■HTMLとCSSの基本

■ブラウザ
デフォルトのCSSがあったり、対応するHTMLのバージョンがあること。

■ブラウザとテキストエデイタがあれば作れるかどうか
グラフィックを創るのであればフォトショップやイラストレーターも必要でしょう。

■サーバで公開
レンタルサーバや自作の仮想ノード等

■インタラクティブ
Javascript+jQueryを勉ぶ
PHPやMysqlならわかるでしょう。

■トレンド
フラットやリキッド、レスポンシブ等の流行りのデザイン手法

やはりプログラマーとして押さえている部分以外でもかなり種類があります。ではCMSはどうか、例えば代表的なワードプレスにチャレンジするのも方法かもしれません。ワードプレスではテーマがありますが、色々なテーマをカスタマイズしてみたり、また言語はPHPで実装されていますし、CMS的スキルも発展していくというメリットがあります。

やはりWEBデザインはレシピが多いんですね。それをまず選ぶことが大切かもしれません。

未来型のシステム開発手法「DevOps」をどう捉えるか

従来型の後戻り不可能なウォータフォール型開発ではない、つまり計画に従うより変化に対応することを重視するアジャイル開発を採用するプロジェクトが増え、またこのアジャイルに関連して、その効率化を運用の流れまで持ち込もう、という考え方に発展させたのがDevOpsであり、具体的にはバージョン管理ツールとしてgit、Jenkins等のCIツール、インフラ構成管理としてChefなどの技術がよく取り上げられています。

またアジャイルに運用フェーズを盛り込んだのがDevOpsであれば、企画フェーズを最適化しようという手法としてリーンスタートアップも最近になって注目され、大企業でも取り入れる例も増えています。

リーンでスタートして運用面も考慮しながら効率をアップさせていく、これだけでは何か説明が不足している感じがします。ではDevOpsの本質は何かといえば、クライアントからのフィードバックをいかに大事に、スムーズにこなせるか、ということに尽きるのではないでしょうか。反応を常に敏感にチェックしながらユーザに届けていくソーシャルゲームの開発にも共通するものがあるかもしれません。

DevOpsが持ち上げられている中でエンジニアとして大事なことは何でしょう、、開発するシステムがどのような価値をもたらすのか、サービスをもっとよいものにするためにはどうすべきか、という本質的な部分は変わらないでしょう。DevOps的といわれるツールや手法以外にも、UXを考えたWEB構築やログ解析に有効なツールを仕組む、など多分野からの流入がサービス向上には不可欠でしょう。

女性フリーランスが活躍する時代

IT系のフリーエンジニアといえば男性ばかりが目立つかと思えば、女性も最近はフリーで活躍するタイプの方が増えています。女性として会社で雇用され、キャリアウーマンとして生きていく決心をした方が結婚や出産で仕事との両立を迫られた場合でも、会社に従属しているよりもフリーで独立したほうが将来性が開けてくる、と考えて実行に移す例も多く、IT系のスキルについては女性のほうが弱いのかと思えば最近はそうでもありません。WEBデザインやデイレクター職についても女性の進出が目立ちます。フリーエンジニアとしてやっていくために難関がある、ということもほとんど考えられないと思います。また会社員SEとしてやってきた女性でないとなかなか進める道ではない、という意見もありますが、最近はスキルがビギナーレベルでも色々なフリー向けの案件が多くなっていますので、あまり気にすることはない、という感じでどんどん高報酬を得ている方が増えているようですね。

デザイナー、プログラマー・SE、WEBコーダー、他にはユーザサポートやカスタマーサポートも入っていきやすい方法ではないでしょうか。考えてみれば学校時代からIT機器にどっぷり浸かってきた年代の女性が今社会でもっともフレッシュな世代なわけですから当然かもしれません。女性不可、という案件は聞いたことがありませんし、話によればSI系でも女性のプロジェクトリーダーさんは多くなっているそうです。

30代後半からのフリーエンジニアのスキルについて

フリーエンジニアとして活躍する下地が整った、と思いきやとんでもない勘違いをしていた、などとならないうちに対処すべきなのがヒューマンスキルです。特に30代後半のエンジニアにとって、スキルが達者である場合は人脈形成にも拍車がかかり、リーダークラスとして推薦されるようなケースも増えてきます。ヒューマンスキルとはコミュニケーションスキルといってもいいでしょう。技術スキルも志向性もほぼ同じエンジニアが肩を並べたときにも比較されるのはこのスキル一点に絞られると言えますし、ただ単にコミュニケーションができないからというのはかなり惜しい話もあります。

人脈が形成されてしっかりしたものになり、常に案件も豊富で、リーダーでなければスペシャリストとしての道もかなり開けてきます。もちろん報酬面でもアップすることは間違いなし、そして案件のクオリティもアップしたり、自分で見極める力も付いてきます。

ところでフリーランスになるといっても若い方はまだまだ多いとは言えませんが、シニアの年代になれば主にどんな案件が紹介されるのでしょう?たとえば当人のスキルレベルでは特定分野でこれといった最上級のスキルがあることが望ましいと言えます。もちろん事業主ですから年代とスキルを比較されることはナンセンスですが、やはりフリーランスとしてどこまでやっていけるかと考えた場合は気になることは確かです。色々なスキルを持っている方がレアなスキルを武器にすることもよくあるケースですね。

フリーエンジニアになるには何歳からが妥当?

フリーエンジニアになりたいという方は若手にはあまり多くありません。どれくらいの年齢が境になるかといえばざっくばらんに言えば30代で当て嵌まると思いますが、35歳くらいまでは若手である、と意識する方も多く、40歳からであればフリーでやってみたい、という方も少なくありません。もちろんエンジニアとしてフリーになるのであれば3年から5年程度は実績を持っておくのが理想ですが、5年とすれば25歳でもフリーにはなれます。しかし実際はフリー的スキルを磨いている人は少なくて、業務システム開発であればその部分だけを取りこんで後は会社から言われたことだけをこなす、という状態で落ち着いている方も多く、それなりにフリーというイメージからは遠ざかってしまっている可能性は大ですね。フリーランスといえば新しい技術をたくさん習得していくために、自宅でも情報収集は欠かせませんし、そうった強みを持てるようになるまでには時間がかかるとも考えられます。

スマホアプリやビッグデータ、仮想化、クラウド構築等最先端のフイールドを夢見るのはできるだけ早いほうがいいのではないでしょうか?いずれは苦労するのであればやはり若い感性で積極的に磨いていったほうが無難だと思います。若いエンジニアがフレッシュな感覚で活躍できるフイールドはたくさん存在します。短期の案件でも体力をフルに活かしてみるなど、アイディアもたくさん合致していきますね。

Windowsエンジニアにとって待望のHyper-V!

Hyper-vはMicrosoft社が開発・リリースする仮想化ツールであり、ハイパーバイザーベースで64bit環境向けの本格的、大規模ソースにも対応するシステムです。サーバ仮想化はたくさんの企業で導入が加速していますが、Windowsベースということもあり導入もしやすかったり、コストについてもサーバOSにバンドルされていますから、従来のWindows的な導入がすんなりできることでかなり人気が高まっています。

もちろん仮想化といえばまだまだ経験者が少ないエリアですから、Windows系のインフラエンジニアとしては絶対に持っておきたいスキルだと思います。スキル保有者や経験者に対する市場価値も急激に高まっています。またHyper-vはWindows的センスがあれば習得も容易と言われています。たとえばActiveDirectoryやWindowsAzure的なスキルがあれば、VMwareのプロフェッショナルタイプの方とすぐに肩を並べるくらい仮想化に詳しくなれるかもしれません。仮想化はそもそもテスト環境的利用価値を見込まれて発展した技術ですが、後発型のWindowsならではの使い勝手も魅力だと思います。

基盤再構築の案件ももちろん豊富です。ADをはじめExchangeやLync等、また運用面でもバックアップやジョブの設計・実装・テストを実施しはじめている企業もたくさんあります。

導入が加速しているXenのエンジニアは絶対数不足

最近はあちらこちらのITインフラ施設でサーバを1つにまとめたり、あるいは設置スペースを小さくするための方策を練っていたり、他方ではビッグデータ解析のためにサーバを並列処理したり、ITにかかる費用を削減するためのクラウド技術の導入も進んでいます。サーバをまとめるといえば仮想化がありますし、ビッグデータ解析といえばHadoopやSAS、クラウドといえばオープンすタック等、エンジニアにとっては悩ましいワードがたくさんある、と感じている方も多いと思います。

そんな中でもこれが基本だといえる技術といえば、やはりサーバの仮想化ではないでしょうか、ビッグデータ解析でも分散しているデータを集めて解析したり、クラウドでももちろん仮想化はインフラの基礎になります。また仮想化といえばXenも仮想化ソフトの1つとして人気が高く、また国内ではまだまだエンジニア需要が不足しているカテゴリーでもあります。
Xenはオープンソースソフトですから無料で利用可能です。仮想化の基本的なアーキテクチャーを構築したのもXenのプロジェクトであり、たとえば完全仮想化や準仮想化などもそうですね。準仮想化ではOSのコアの部分を抑えて速度アップに大きな利益を果たします。開発テストでもサービスネットワークでも、Xenエンジニアの案件はかなり豊富になってきていますので、やはりインフラエンジニアとしては抑えておきたい技術と言えるでしょう。

VMware技術者へのニーズは増加傾向!

ITでの仮想化といえばまずサーバの仮想化があって、他にはネットワークやストレージも仮想化がどんどん進歩している、こんな感じでプログラマーやSEであればイメージすると思います。またサーバ仮想化といえばデファクトスタンダードなソフトウエアとしてあげられるのがVMwareです。VMwareというと変わった名前ですが、VirtualMachineを実装するためのソフト、という意味なんですね。

そもそも仮想化は開発プロジェクトにおいてテスト環境として用いるために活用されていたようですが、今では大規模なネットワークサービスでも実マシンとして様々な分野のサービスで利用されています。それだけ信頼性も高いですし、ネットワークやストレージの仮想化が進むとほとんどリアルな物理システムを変わりない実用的なインフラを構築できると言われています。

SEやプログラマー的には構築イメージはLinuxやWindowsにインストールして仮想サーバ用のイメージを導入する、という手順になると思いますが、やはり細かい運用面の作業は多岐に及びます。最近はVMware的資格の取得を目指す方も多いようです。つまりVMware 認定プロフェッショナルという資格があり、取得していると転職でもかなり有利と判断されるでしょう。Installや Configure、Manage等各レイヤーをトレーニング受講することが前提になっています。

WEBの可能性を最大限に高めるためのグラフイックツール

Adobe社のFireworksといえばWEBデザイナー必携のスキルです。オーサリングツールと併せてWEBデザイン作業に必要な機能が集大成したようなものですね。もちろんAdobe製のイラスト系、写真加工ツールとの相性も抜群ですし、WEB開発に携わるエンジニアであればFireworksの作業イメージくらいは把握しておいたほうが無難だと思います。

Fireworksをごく簡単に説明すれば、よく使用されるJPEG、png、GIFなどの画像フォーマットをそれぞれの品質を落さずにWEB化するためのツールと言えます。DTP等で使用されるような画像をより小さい画面でも同じイメージで表現するわけですが、Fireworksが登場するまでは様々なツールを使用しながら苦労して適用させていたものです。もちろん加工だけではなくイメージ作成やプロトタイピングなども得意です。

Fireworksは使い分けを覚えるのがポイントとも言えます。WEBでもランデイングページなどではグラフイックを全面に押し出すような場合はやはりPhotoshopの出番ですし、工数削減を意識しながら使い分けにこなれていくことが肝心ですね。

WEB制作といえばデイレクターを目指す方も多いですが、デイレクターにとってもFireworksのスキルは持っておくのが無難です。デイレクションやマネージメント、コミュニケーションスキルを駆使するための橋渡し役とも言えるでしょう。

Actionscriptの魅力と今後の展望

ActionscriptはFlashで動的コンテンツを実装するための要となる技術です。FlasherとしてActionscriptが使えないとなかなか一人前とはいきません。Actionscriptの仕様は現状アップデートの盛りがとうに過ぎてしまったと言われますが、Flash自体の可用性の高さから考えてまだまだエンジニア需要は豊富と言えます。初代バージョンはとてもシンプルな仕様を持っていましたが、バージョン2.0、3.0と進むにつれ大規模開発にも適用可能なクラスベースとなり、オブジェクト指向言語としてたくさんのプログラマーに親しまれています。

Actionscriptの話題になるとやはりFlash向けモバイルプラグインの開発中止の話題がかならず登場します。開発元のAdobeでは今後PCやモバイルだけでないより広範囲な領域への普及に向けてアップデートしていくと表明しています。例えば映画や音楽放送、ライブストリームやテレビなどでも、また街角によくある電光掲示板等でもFlashコンテンツが見られることも多くなっていくでしょう。

もちろん今後のHTML技術との共存も進むと考えられます。現状のバージョンではまだまだFlashに届かないと言われていますが、新しいバージョンとともにフレキシブルに活用されていくのがActionscriptやFlashの技術であると言えるのではないでしょうか。

多くのエンジニアがLinuxに疎い理由とは?

LinuxはAT互換アーキテクチャー上で幅広く採用されているOSであり、またPCやサーバに限らず携帯電話クラスの組み込みシステムにも採用が進んでいます。最近はLinux的に高度な専門知識やノウハウを持つエンジニアが求められる傾向が強かったり、とにかくOSといえばWindowsを差し置いてとも言える存在感の高さが際立っていますね。またLinuxをここまで有名にしたのはLAMPかもしれませんね、ApacheやMysql、PHPやPerl等の言語をセットとした開発環境としてインターネット向けサービスや企業内業務システムでも最近は採用が進んでいます。Linuxはむやみやたらと資源を無駄使いすることはない、シンプルで多機能、そして最近はセキュリティ的にもかなり進歩していると言われ、個人から企業、大学や研究機関、自治体などまで浸透しつつありますが、どうしても解せないのがエンジニアの絶対数不足とも言われています。特に国内ではLinuxのスキルを習得するための環境が限られていて、Windowsのように講習や資格もかなり少なかったものですが、最近は資格も登場したり、スクールでもデフォルトのOSとして採用するところが増えています。

GoogleやFacebook、Twitterなどでも採用されるようになり、国内でもソーシャルコンテンツで幅広く組み込まれるようになっています。需要が常に供給を上回っていますから、ここで1度Linuxに身を任せてしまうのもかなり有効なスキルアップの手段ではないでしょうか。

エンジニア寿命とOracleスキルの深い関係

OracleといえばSQLを開発したベンダーであり、Oracleデータベースは商用データベースとして幅広い分野で活用されています。データベース技術者といえばOracleのスキルを外して語られることはほとんどありません。またOracleはデータベースの他にもUNIX系OSで有名なSolarisを開発していたり、Sparcチップを塔載したサーバやオープンソースデータベースとしてもっとも広く普及しているMysqlでも有名ですね。

データベース技術者というと、スマホエンジニアやHTMLコーダーに比べてニッチな感覚で捉える方は多いようです。しかしデータベースのスキルこそがもっとも普遍的であるとも言えますし、スキルの難易度も高く、日々の業務で専門的な知識が要求されます。また今後のITエンジニアの仕事の中でもデータベースエンジニアは需要がもっとも多いものであると言われ、資格としてはDBAがもっとも転職にも強いと言われています。アプリ開発でもネットワークエンジニア的タスクにおいても、他にはセールス的分野でもかなり有効な知識なんですね。

ただ日本では意外にデータベースエンジニアです、という方は少ないようです。やはりエンジニアとしてもニッチなのかというとプログラマーであれば他の言語スキルも高いものがあったり、データベースのスキルをかねてマルチなエンジニアになりたいと考える方が多いようです。

Flashは本当に今後不要なスキルなのか

Adobe社が開発したソフトウエアといってもたくさんありますが、その中でももっともイメージしやすいものといえば、やはりFlashを置いて他にはないでしょう。音声や動画を組み合わせ、アニメーションを含め多彩なWEBコンテンツを制作できるツールです。ただ2011年にはFlashの不遇時代とも言われ、プラグイン開発が中止されたり、スマートフォンやタブレットでも今後は使用されなくなるなどマイナーイメージもどんどん増えているのが現状です。しかしそれでもFlash Player自体は普及率が90%を超えていますし、HTML5になってもまだ埋められない部分としてその表現力の高さであるとも言われています。javascirptでFlash的コンテンツを、などと大々的にWEBでも取り上げられる話題が増えていますが、Flashの今後こそがWEBエンジニアにとって肝になると言えるかもしれませんね。

実際にFlasher的案件は増大しているとも言われています。中にはHTML5と共存させるような動きもあったり、またWEB意外でももちろん色々なところで活躍できる技術です。HTML5+CSS3が最新のWEBスキルだ、とよく言われますが、実際の中身としてはHTML5+Flashとしてマルチなスキルを持っていることが第一に考えられるのかもしれません。これからWEBデザイナーになるという方にとっても既存の技術である、というだけではない、という意識は前提になると思います。

スマホエンジニアとして世界に羽ばたく!

iOSといえばiphoneに塔載されるOSです。国内のスマートフォン業界もこのiphoneの登場をきっかけとして本格化したと言われ、その次にAndroidというOSが登場したことで業界規模が一気に拡大しています。エンジニア案件としてはアプリの開発やモバイル向けサイト構築も多彩です。またインフラ面ももちろん、LAMPをはじめとした構築案件やメンテナンス、設計なども増えています。

iOSもAndroidももともとはスマートフォン向けのOSであり、スマートフォンに絡んだプロジェクトを始動する企業はかなりの種類に及びます。恐らく誰も1度ではイメージできない程ですし、エンジニアが不足しているから紹介して欲しい、と日々エンジニアエージェントにも誘いが舞い込んでいるといわれています。また結局のところこの世界であればこの技術がまず必須だ、という感じで肝を押さえているエンジニアはかなり少なく、まだまだイメージが少ないと感じているオープン系や汎用機のSEを含めて、多用な人材が流れ込んでいるのが現状です。他にはエンジニアでなかった方が始めてこの業界に興味を持つ例も多く、意外や意外とも言えるようなカテゴリーの方も多く活躍しています。

iphoneエンジニアにとっては身近な人達の操作感、どういったUIや機能が求められているのかを知ることも大事かもしれません。やはり従来よりもターゲットとなる世界はどんどん広がっていくことは確かです。

Rubyの資格を取るならRailsの資格も取りたい!

Rubyといえばまさに日本生まれで使いやすい言語として有名ですが、Ruby on Railsは外国製のRubyフレームワークとして有名です。このような関係からか、Rubyは得意でもRailsは苦手だ、なんて人も多いそうです。また実はRailsには認定試験があるんですね。こちらのほうが難度は高いと言われています。2011年からという若い試験ですが、Railsエンジニアの方はもちろん、これからWEBやLinuxに関わるエンジニアにとっても試してみたい資格ではないでしょうか。

Rubyの資格を持っているエンジニアです、という場合はLinuxができるとかWEB開発に引っ張りたい、という感じでざっくばらんにスキルを求められる傾向が強くても、Railsの認定試験が登場したことで企業にとってもWEB系の採用基準が1つ大きくできたことになり、もちろんまだネームバリューは大きくありませんが、やはりRubyという言語も選びやすくなったわけですね。

エンジニア資格といってもカテゴリーがどんどん増えています。またOSS系ももちろん多いですが、どの資格が王道なのかというよりも、自分で必要な資格を選んだり、スキルに合わせてつなげていくようなことも大切かもしれません。OracleとかCiscoの上級資格ももちろん有効だと思いますが、エンジニアとしてもなんとなく物足りないというケースが多いようです。

クラウドとセキュリティの関係はまだまだ未知の領域!?

クラウド時代とは具体的に何か、所有するITシステムから利用するものに変わる時代ということになるでしょう。クラウド時代に必要なセキュリティ対策はどうあるべきなのでしょう?コスト削減や運用業務の低減などたくさんのメリットがある代わりにセキュリティについての懸念を漏らすユーザ企業も増えているようです。これからどんなセキュリティリスクが生まれるのかというところもあります。

クラウドではパッケージソフトや業務開発システムをLAN内に導入している状態と比較すると、まずインターネット回線を利用することや、データセンターにサーバを移す、クラウド事業者に運用やデータの管理を任せることを意識しなければなりません。

では業者はどんなセキュリティ対策をしているのか、DRをはじめ侵入についても物理的な対策もあれば、データバックアップ、ハードの障害対応や脆弱性対応、不正アクセス監視や防止、アクセスログ監視など、これらはすべて自社内でまかなっているものと変わりないと言えますが、通信の暗号化についてもやはり大事になってきます。暗号といえばファイルやネットワーク、ログイン等様々なレベルが存在しますが、やはり業者のネットワークから切り離された部分でガードしなければならないこともたくさんあると思います。セキュリティポリシーを整備するためにはクラウド内での対策を熟知し、その上でアカウント管理を含めた多様な対策を打たなければなりません。

これからのモバイルの主流、ウェアラブルデバイス

最近はあらゆるモノがネットに繋がっていく時代だとよく言われますが、スマホや携帯プレーヤーだけではなく、特にウェアラブルデバイス系には注目が集まっていますね。またスマホであれば多少ぎこちなかったけど、という方も多いですが、これからはどんどん常識を塗り替えるような、驚かせてくれるデバイスも増えていくでしょう。デバイス間の連携が更に拡大すればエンジニアとしてもしっかり追従していかないとなりません。

例えばグーグルグラスがありますが、グラスの他にはカツラもあるそうです。また最近はエンジニア案件ももちろん増加しています。ウェアラブルデバイスといえばソフトウエアとして可能性も幅広い分野ですから、現状テストや動作確認作業等の案件も多いようです。UI自体をハードに導入したり、動作確認、仕様書作成などもあればスマートフォン向けに作られているものもやはり多いですね。Androidアプリ開発者にとっても取り入れて行きたい技術だと思います。スマホといえばカメラアプリが今もっとも人気が高いようですが、やはりグラスですから視覚に訴えるようなアミューズメント系のアプリも豊富です。

アメリカでは普及がかなり進んでいるそうですが、生活にとってプラスになるかどうか、という質問に対して8割以上の方が役に立つと考えているそうです。将来の生活に一体どんな変化が起こるのかまさに楽しみな世界です。

Zen-CodingでHTML作業を大幅に短縮化できる!

知らない人はかなり損している、というフレーズがとてもよく似合うのがZen-Codingです。Zen-Codingは最近特に盛り上がってますね、その中身はHTML/CSSを簡略化して書くツールであり、主にショートカットとスニペットを利用して記述できるライブラリの集まりです。また既存のたくさんのエディタにプラグインできるのも持ち味ですが、フリーのCMSとして有名なワードプレスでもユーザが増えているそうです。GUIでスイスイ、というパターンではなく基本的な知識は必須ですが、本当にあっという間にコーディングが可能になり、タグばかり打っているようなデザイナー、コーダー、サイト情報の更新を担当している方にもかなりお勧めのツールです。サーバ担当者にとっては自動セキュリティパッチツールと同じようなものですね。

Zen Codingを導入したら、タグの省略形であるAbberiviationを入力して展開させるだけで一連のコードが生成されます。例えばh1タグであればAbberiviationとしてh1と入力し、展開すれば

になっている、という感じでなかなかありそうでないツールだ、という方も多いようです。最近はタグ入力するタスクを任されるエンジニアがかなり増えていますし、HTML5になればタグも意味ありげになる、といってもかなり有用だと思います。

エンジニアいらずのWEB最適化ツールが話題!

OSやミドルウエア、プログラム言語や画像・写真加工用ツール等、エンジニアが使うソフトウエアといえば様々なものがあります。またユーザサイドでもブラウザやメーラー、オフイス系ツールだけかといえば最近は特にカテゴリーも増えて色々なソフトが登場しています。
WEBマーケテイングを展開する大企業ユーザも増えている最近話題のWEB向けツール、WEBサイトの最適化に頭を悩まさせている担当者にもお勧めなのが、Visual Website Optimizerです。ビジュアルウェブサイトオプティマイザーを使用すれば誰もが専門知識不要でコンバージョンアップや売上げの最大化のための検証作業ができ、ほとんどパワーポイントのような感覚でページを編集することができます。WEBといえば具体的な検証作業としてA/Bテストがありますが、複数のWEBページを作成しながら効率を比較したり、他にもMultivariate Testingと呼ばれる見出し、画像ファイル等の組み合わせテスト、コンバージョン率を高めるためのBehavioral Targetingなど、多彩な組み合わせでスムーズにWEBの悩みを解消できるようになりそうですね。エンジニア不足でA/Bテストができない、ランディングページ最適化をしたくてもできない担当者にもかなりお勧めだと思います。WEBエンジニアサイドとしてもかなり面白そうなツールかもしれません。

WEBの脆弱性対応は従来方法では限界がある!

ITシステムのセキュリティを考えてみると、WEBサイトを管理するエンジニアほど身に沁みてやっかいなことがあるケースはないだろう、などと言う方は多いですね。社内システムであればファイアウオールの中にあっても、WEBサイトとなれば誰からも自由な状態でさらされています。WEBに対して仕掛けられる攻撃手法が多様化し、また脆弱性対応もそう簡単にはいかず、セキュリティベンダーの話によれば過半数のWEBサイトに脆弱性があると言われています。これといった診断ツールもなく、OSやミドルウエア、ハードについてもたくさんのパッチが日々リリースされています。

セキュリティパッチと聞くとこれもまた避けられたらな、という方が多いようです。すぐに適用できればまだしも、それが妥当なのかを判断するにも時間がかかったりします。WEBの場合はアプリ自体に脆弱性が見つかることもあり、そうなればシステム改修を長い期間立ち上げることも必至です。

最近はパッチをほとんど無視できるツールとしてWEB専用のファイアウォールツールも登場しています。単体のサーバとしてWEBサーバのフロントに立てるわけですが、WEB系ツールで有名なベリサインのWeb Application Firewallも活用事例が増えているそうです。ファイアウォールですからアプライアンスタイプも多く、管理者にとって導入のニュースが待ち遠しい存在ですね。

webminを使って男前なLinux管理をソフトにしよう!

インフラエンジニア、運用管理エンジニアやサーバ管理者にとっても大事なことの1つが監視ツールを活用してすばやく対応できるようにしておくことです。サーバには不安定なものも時には存在します。つまりテスト機として使用している古いサーバだったり、バックアップサーバが壊れて単独で運転しなければならないような状況もあると思いますが、ユーザに対応を迫られたり、復旧の目処を告知したりすることなく対応したい、と思うのが管理者として必要なことかもしれません。もちろん監視ツールといえばたくさんの種類があります。オープンビューもあればOSS系ではzabbixやnegiosなども最近は有名になっていますね。

OSS系であればwebminもお勧めです。Linuxサーバ管理をする上で欠かせないCUI的作業を減らすことができ、システム管理を集中化させるためにも向いています。SUSEでいえばYaST、Windowsであれば新しくなったサーバマネージャーだと思えばいいでしょう。動作も軽量です。コマンド慣れしている方にとっても大切なツールだとよく言われます。Linuxでクラスタを組んでいたり、システム検証をしたりとLinuxサーバと常に寝食を共にしているエンジニアには必須の技術という方も多く、Windows系オンリーの方がLinuxに入っていくためにも便利だと思います。パッケージインストールやマニュアル検索、パーティション設定等まで可能です。

HTML5と旧バージョンとの違いを考える

HTML5に今からチャレンジしたいのは山々でも、従来のWEBアプリを改修する仕事ばかりでなかなか手がつけられないとか、きっかけが掴めないという方は多いようです。それでもプロとしてコーダーを務めているわけですからそれほど焦らなくてもいいかもしれませんね。HTML5とはこんなものだ、という説明書を読むだけで軽く理解できる方もいるでしょう。

そもそもHTML5とは何かといえば、狭義ではやはりマークアップ言語を指しますが、CSSやjavascriptの最新仕様を含め、WEBストレージやクロスドメイン等次世代と言われるWEBアプリの技術全体を呼ぶこともあります。

またマークアップ部分だけをチェックしてみると、文書構造もテキストの意味などもしっかり明示できるようになり、その分コーデイングも楽だったり、検索エンジンが正しくテキストを拾うことが可能になります。またスクリプトなしでもフォームが作れたり、やはりWEBの従来のヒントを総ざらいしたものと言えます。

これまでのように装飾だけに気を取られて無駄に感じていた部分を排して、より意味のある構造やデータとして正確に認識でき、整理できるようにするための技術として意識できるのがHTML5だと思います。このような考え方をセマンティックなマークアップなどとも言うそうです。HTMLの使い方自体もその存在意義も大きく変わっていくような気がします。

コワーキングスペースを活用してこそ情報感度はアップする

フリーランスとして活用したい場所といえばコワーキングスペースもその1つ、日本でも2010年頃から爆発的に増えてきたコワーキングスペースは都市部にも地方にもムラなく、全国レベルで増加していますが、イベント等もかなり多彩です。エンジニア的に考えてまず注目したいものとしてはオープンソースソフトウエア系のセミナーや勉強会なども増えていますね。

これだけ急速に盛り上がりを見せている中で、コワーキングって何?通りすがりのようでまるでわからない、などという方も多いと思います。元々は共同で仕事する場所を分け合う、という意味ですから、ワークスタイルとしては似ているものがいくつも想像できますよね。ある人はカフェ的なワークスペースだと言いますし、今風でないとつまらない、だからコワーキングがあっていいじゃないか、なんて人もいます。WIFIやプリンター、電源なども揃っていて、一見ノートパソコンの品評会にも見えるという人もいますが、フリーランスの相談になってくれる担当者がいたり、創業、ビジネスの展開等について相談したり、とにかく気軽に触れ合いの場として利用できるのは魅力ではないでしょうか。

コワーキングとインターネットを比べる人もいますが、やはり情報の獲得手段というのはメリハリがなければ無駄ばかりが多くなってしまうとも言えるでしょう。コワーキングに集う人は今もっともはつらつとしているのかもしれません。

最新データベースはSQLを使わない!

データベースエンジニアにとって気になる最新技術、といえばNoSQLやMongoDBと聞くと乗り出すタイプの方も多いと思います。NoSQLとは何でしょう?従来はSQLだったものがSQLを使用しなくなる、と考えても間違いはないと思います。SQLを使用してリレーショナルデータベースを検索するのではなく、たとえばjavascript等からアクセスしたり、またリレーショナルではないタイプとしてキーバリューストアやドキュメント指向、列指向など色々な種類が存在します。

この中で今注目のMongoDBはドキュメント指向データベースにカテゴライズされ、リレーショナルのようにスキーマを定義することが不要で、複雑な検索条件に対応でき、またMongoDBはNoSQLのメリットを保持しながらRDBと同じ機能をバランスよく組み込んでいるデータベースでもあります。

まずSQLをサポートしてないことを開発する場合は念頭に置くことが大切でしょう。もちろんこれは基本的なことです。小さなREAD/WRITEがたくさんあるようなソーシャルゲームにも向いていますし、もちろんログストアとして大量のデータを格納できたり、スキーマレスということでフォーマットの異なるデータ出力にも効果を発揮すると思います。

またMongoDBはインストールがとても簡単です。大容量のサーバに一度インストールして蓄積してみたり、JavaScriptと同じ文法にも慣れておくといいでしょう。

オープンソースソフトウエアとビジネス利用

Linux系に強いエンジニアは大抵オープンソースの世界にも強いと言えるでしょう。WindowsからLinuxに入ったという方もいますが、やはりLinuxに触れるということは、たくさんのOSS系技術に触れることになるはずです。最近はOSSの利用者もかなり増加し、その用途も企業ユースを含め拡大の一途を辿っています。

OSSをビジネスとして利用する企業も増えています。たとえばLinuxやApache、CMSやグループウエア等のインストールからセットアップ、サポートまで展開する技術的サービスもありますし、sendmailが有償になったりしましたが、同じパターンで数多く登場したのがコマーシャルなOSSの提供サービスですね。ベンダーもたくさんありますが、無償バージョンはもちろんあり、その他に付加価値をつけて提供するのが一般的です。あるいはベンダーとして技術サポートのみを展開するような場合もあります。本来のOSSの理念というものから見てちょっと違和感が強いという方もいますが、有償版のツールとして提供した上でオープンソースとして公開しているようなケースも見られます。

OSSは企業の基幹系でも登場するERPやCRMといった業務アプリケーション分野にまで拡大しつつあります。エンジニアとしてはそのサポートがどうなるかも含め、ベンダーライセンスのツールとはまた違った対応方法を把握していくことが大切でしょう。

プライベートクラウドに最適なツール

仮想化技術といってもたくさんの技術、製品がありますが、中でも有名なものはサーバ仮想化、そしてVmwareではないでしょうか、しかし最近はVmwareの根強さは変わらずとも伸びない、またCitrix XenServerについてはシェアが減り、その代わりとしてシェア増加しているのがMicrosoftのHyper-Vです。企業の仮想化導入もほぼ安定期に入り、今後はHyper-Vへの乗り換えを視野に入れる企業も増加してくることが確実視されているようです。

驚きというほどのことも無いかもしれませんが、タッチインターフェースデフォルトのWindows8に乗り換えたらHyper-Vも使えた、と喜んだ方も多いかもしれません、上位バージョンではデフォルトでインストールされています、Windowsならではとも言える操作性の軽さでゲストOSのキャプチャーもスムーズです。Vmwareの仮想マシンファイルをHyper-Vのものに変換するためのソフトウエアもすでに存在します。またLinux系もRHELを含めほとんどのディストリビューションがサポートされています。

プライベートクラウド構築のために必要なパッケージとしてサーバやHyper-Vのデフォルト起動を含め、NIC等のオプションも備えたソリューションが多数リリースされています、これからの企業内クラウドではやはりHyper-V本命の時代が続くでしょう。

SEとしてスペシャリストやマネージャーを目指す!

システムエンジニアはプログラムや仕様書を書くことだけの人?大まかなネーミングのポジションであり、いわゆる何でもやる人、みたいな感じでユーザサポートもSE、サーバの不調もSEとか、スペシャリストであればそう呼べばいいのでは?という方も多いかもしれません。
SEともう1つのポジション、といえばプログラマーがいます。プログラマーって日本ではお金にならないとも言われますが、基本的にプログラミングするよりも人を管理したり指示を出す人が高いお金もらえる世界です。javaやRuby等の難しいフレームワークを構築できても同じこと、システムエンジニアとはこのようなアンバランスというか、プログラマーが主体的に行えばいいのに、お金が安いから誰かにやらせよう、という内容を引き受けているような感じもかなりします。

SEになる人の多くはプロジェクトマネージャーやコンサルタントを目指すといいます、WEBディレクターやプランナーという世界ではあまりSEとしての募集はありません、特にベンチャー系が多い世界ですからね。

しかしSEって業務システム向けというより、もっと自由な立場のような気もしますし、SEとして仕事をしていればどんな分野でも活きてくるような感じです。SEで報酬はというと、一般には500万円くらいと言われていますが、エンジニアとしてまず到達したいライン、なんですよね。

SE 仕事

PHP 案件

フリーエンジニア

WEBからSIまで、IT系案件が豊富

IT系の仕事といえば、WEBサイトデザインや上流・下流の開発業務等オープン系の案件もあれば、ERPやSAP、メインフレームや組込みプログラム等の開発もあります。またインフラ系としては運用・保守、インフラ構築や要件定義・設計などもあります。他にもテクニカルサポートやヘルプデスクも多いカテゴリーですね。
もちろんiPhoneやAndroidアプリの開発も今主流と言えます、このカテゴリーでは検証・デバッグ・ネットワーク性能テストなども豊富です。
また業界を分けてみると、SI系とWEB系に分かれるとよく言われますが、SI系といえば大規模なシステム改修案件は常に豊富、ということもなくなっています、つまりどちらかといえば新しくて将来性があるのはWEB系です。WEBといえばソーシャル系のアプリもありますし、やはりスマートフォンやタブレット向けの自社構築案件も豊富です。
SI系だとほぼ狭い範囲に限定されたカテゴリーを任されることが多かったものですが、WEB系ではできるだけ全てのスキルを持っている方が望ましい、こんな募集内容も多いようです。

IT 案件

※フリーランスになりたいけど、自分でも仕事がもらえるかどうか悩んでいる方は多いようです。会社が用意してくれた仕事ではなく、自分から仕事を探していくのが基本です。しかしコツは仕事を選ぶことを楽しむことだよ、とよく言います。自分で選んで見事獲得、そして達成できる、すばらしいサイクルが待っている、と考えても間違いはないと思います。

html 仕事

プログラマー

プロジェクトを成功に導くPMOの重要性

FlashやHTML5は知っててもPMOといえば何?ああ、プロジェクトマネジメントオフイスという奴ね?とイメージだけ通る方は多いかもしれません。PMOは決して新しい分野の仕事、スキルではありません。日本のITプロジェクトの7割が失敗に終わっていると言われる中で、PMOはプロジェクト全体をまとめるための仕事として誕生し、今ではたくさんの専門企業も存在します。

元々はアメリカで体系化された手法を導入したものですが、プロジェクトマネージャーの資格などもあり、マネジメントクラスに参画したい方にとってはかなり価値ある資格となっています。プロジェクトマネージャーの意思決定を支援する立場として、その仕事内容は多岐に渡ります。もちろんマネージャ個人の力だけではなく、組織的な支援をすることがメインと考えられます。

これからもプロジェクトの数は増えていくと言えますが、大小規模様々であり、特にモバイルに特化したような小規模のプロジェクトが乱立するような状況も十分にあり得ます、やはりPMOは無くてはならない、そんなイメージがぴったりだと思います。
PMOにチャレンジしたい方、フリーランスとして、という場合、こちらのサイトがお勧めです!

pmo 案件

仮想化技術はまだまだ序の口、これからもっと進化するでしょう、そしてエンジニアの数も序の口と言われていますね。vmwareなら知っている、資格にリーチしているところ、という方にも案件が豊富です!

vmware 求人

コーダー 仕事

pmo案件でプロジェクトを主導する

ここ数年はビジネスのスピード化が進んでいて、世界にも通用するようグローバルな展開が重要になってきています。
そのため企業としては、プロジェクトをスピーディに完了させるためのプロジェクトマネジメントに注目しています。

実際のビジネスシーンでは、複数のプロジェクトを並行して同時進行していくことが一般的であり、これを管理するプログラムマネジメントが非常に重要なポイントとなります。
最近では、こういった複数のプロジェクトを管理することのできるノウハウを持つプログラマーに対する需要が高まってきています。

仕事の情報は、こちらで紹介されています。↓
プログラマー 案件

企業においてプロジェクトマネジメントやプログラムマネジメントを実施する組織やチームのことは「pmo」、「プロジェクトオフィス」と呼びます。
業務をスムーズに進め、完璧に管理していくことが求められるため、ビジネスにおいては非常に重要なポストとして考えられています。

特に、企業の経営や業務を支援するためのITシステム事業は、今後ますます大規模になり複雑化していくと考えられています。
その構築に欠かすことのできないものがプロジェクトマネジメントであり、pmoの案件にかかわりたいと考えているITエンジニアも、増加する傾向にあります。

下記で募集を確認することができます。
pmo 案件

企業において重要な役割となるpmoなどの業務は、フリーエンジニアを対象にした案件としても人気であり需要、供給というどちらの観点からも人気のある仕事です。

次のような仕事の情報が多くあります。
フリーエンジニア 案件

重要なポジションですから、即戦力になることのできる経験者が求められます。

5年以上の実務経験があるエンジニアやプログラマーであれば、採用される可能性もかなり高いでしょう。

データベースエンジニア募集も豊富です

インターネット構造に必要なデータベースは、さまざまなデータを管理するのに必要なものです。
これを構築するのがデータベースエンジニアで、大手以外の会社では外注することが多くなっています。

フリーランス データベースエンジニアとして活躍するためには、営業を掛けて仕事をもらうか友人や知人のつてを利用して仕事をもらうかのどちらかになります。
つてがない方は求人サイトなどで仕事探しをすることになりますが、サイトの求人情報では低単価の案件が多数存在します。
フリーランスになるからには、雇用されている時以上に収入をアップさせたいですよね?
なかなか優良案件に恵まれない方にお勧めのサイトをご紹介します。

エンジニアやIT関連を専門とする求人サイト『ENGINEER NAVI』には、高単価の業務委託案件がたくさん掲載されています。
業務内容の詳細が記されており、契約後に起こりやすいトラブルが避けられるのでお勧めです。

サイト自体は5年以上の運営実績があり、多くの企業と信頼関係を築いています。
大手の企業から小規模事業者まで登録されているので、やりたい仕事がすぐに見つかります。
案件が豊富なため、収入面や仕事内容の交渉もしやすいです。

実績があるフリーランス データベースエンジニアには、ENGINEER NAVIをお勧めします。
希望報酬が自ら設定できるので、年収アップを図りたい方には人気のサイトです。

モバイル開発でも重要なテスターとは?

コンピューター関連の開発において重要な仕事に、エラーを起こさないためのテスティングがあります。
熟練した技術と勘を必要とし、あらゆる状況を想定できるだけの知識がなければなりません。
これらの仕事はテスターが行いますが、中小企業や小規模事業所ではフリーランス テスティングを利用することが多いです。

求人の数はわりとたくさんありますが、報酬がピンからキリまであります。
ミスが許されない仕事なので、非常に神経を使う仕事です。
フリーランス テスティングを目指しているなら、ぜひ高単価の案件に応募してください。

仕事探しには、多くのエンジニアから高評価を得ているENGINEER NAVIに登録することをお勧めします。
求人の質が良いだけではなく、ほとんどの案件が高単価です。
業務内容がオープンにされているので、仕事探しが楽にできます。

エンジニア・IT関連に特化した求人サイトとして、5年以上も運営をしています。
さまざまな企業とのネットワークを作ったおかげで、常に求人があふれている状態です。
直案件をたくさん掲載しているので、交渉術がある方は記載されている報酬単価よりもアップできる可能性があります。

ENGINEER NAVIは大変人気です。

優秀なエンジニアを紹介してくれるとのことで、掲載企業からも高評価!
何を利用しても無料なので、登録しておくだけでも価値のあるサイトです。

フリーランスの高額案件が目白押し

優秀なエンジニアやIT関連の職を専門とする方は、フリーランスで働く方が多くなりました。
雇用される煩わしさから解放され、給料制よりもたくさん稼げるという点で人気が高まっています。
一方で、なかなかいい案件に恵まれずに嘆いている方も大勢います。
フリーランスになって数年たつと、再び企業に雇用される働き方を選んでしまうのです。

フリーランス 高額案件にたどり着けるのはほんの一握りなのでしょうか?
実は、コネがなくてもいい案件にたどり着ける方法はあります。

フリーランス 高額で収入をアップさせたいなら、まずは厳選された案件だけを掲載している求人サイトを探すことです。
エンジニアやIT関連の求人を専門とする求人サイトなら、思っていた以上の収入を得ることも難しくありません。
お勧めのサイトはENGINEER NAVIです。
他のサイトと違う点は、最初から業務内容の詳細を記載している点です。
直案件も豊富なので、安心して応募ができます。

ENGINEER NAVIは人気があります。

今までなかなか認められなかった方も、交渉次第で今までの倍以上の単価で仕事が請け負える可能性が大です。
完全無料で利用できるので、まずは簡単な登録をしてみませんか?

c#経験を活かすならこちらのサイト

c#での開発経験がある方なら、フリーランスとして大きな活躍の場が提供されています。
仕事探しにお困りであれば、エンジニアに特化した求人サイト『ENGINEER NAVI』に登録してみましょう。
業務内容を初めから明かしているので、安心して応募ができます。

ENGINEER NAVIにはフリーランス c#の求人が多数寄せられています。
サイトの運用歴は5年以上で、独自のネットワークを駆使してさまざまな企業と契約を取っています。
掲載企業は大手から個人事業主までさまざまです。
ほとんどが直案件なので、ある程度の単価交渉もできます。

エンジニア・企業の人事担当者の両方から好評なのは、ENGINEER NAVIです。
非公開求人もたくさんあり、コーディネーターが様々な求人を紹介してくれます。
スキルに自信があり、たくさんの実績を積み重ねている方は、大いにアピールしましょう。

サイトの登録は約1分ほどでできます。
豊富な案件と使いやすいシステムにもかかわらず、利用料はゼロです。

フリーランス c#はスキルアップの機会が減ってしまうので、勉強のために大いに利用してください。

インフラエンジニアの重要性

インフラ系エンジニアは、ネットワークやサーバーの基盤を作る重要な仕事です。
慢性的なエンジニア不足により、現在はフリーランス インフラの需要は非常に高まっています。
これからフリーになる方、今までフリーとしてなかなかいい仕事に恵まれなかった方は、専門の求人サイトを利用して仕事探しをしましょう。

高単価の案件が豊富な求人サイトに、ENGINEER NAVIがあります。
エンジニアやIT関連の求人だけを取り扱っており、多くのフリーランス インフラからも高い評価を得ています。
その理由の一つに、最初から業務内容を公開している部分が挙げられます。
応募してからのトラブルや契約してからのトラブルを避けたいフリーランスとしては、最初から公開されているのは安心感があるのです。

サイトは5年以上の運営実績があり、多くの企業からの信頼も厚いです。
そのため、ほとんどの案件が直案件になっています。
応募は求人サイトを介しますが、報酬面や仕事内容の詳細はエンジニアと企業側の直接交渉になります。

優秀なフリーランス インフラが利用することもあり、ENGINEER NAVIも人気です。
エンジニアを案件を自由に選べるようになっているのです。
スキルや実績に自信がある方なら、たくさん逆指名を得られます。
高収入を狙っているなら、ぜひ利用してください。

プロジェクトマネージャーにお勧めしたい案件も豊富

IT関連事業のシステム開発には膨大な時間と費用が掛かります。
しかし、成功率は非常に低いものとなっています。
限られた時間・予算の中で開発を進めていくためには、監督・指揮を行うプロジェクトマネージャーの存在が非常に重要となってきます。

大手の企業では自社でプロジェクトマネージャーを立てることが多いですが、中小企業や小規模事業所などでは立てられないこともあります。
そんな時に必要になってくるのがフリーランス プロジェクトマネージャーです。

フリーランス プロジェクトマネージャーの重要な役割は、客観的な目線を持っているかどうかになります。
さまざまなリスクを回避するスキルや実績がものをいう世界なので、企業側としても優秀な人材を求めるのです。

エンジニアの専門求人サイト『ENGINEER NAVI』には、フリーランス プロジェクトマネージャーにも企業にも人気のあるシステムが導入されています。
プロジェクトマネージャーとしての実績やスキルを職務経歴書に書いていれば、非公開求人から紹介もしてくれますよ。
いい案件に出合いたいエンジニアと、優秀なエンジニアに仕事をしてもらいたい企業の双方にとって有益な仕組みになっています。
フリーランスの実績がなくとも、企業内でプロジェクトマネージャーとして活躍していたのなら大いに活用するべきです。

多彩な開発案件を用意しています

フリーランス 開発案件で仕事を探している方は、できることなら高単価案件に応募したいですよね?
仕事の取り方は人それぞれですが、最近では優秀な求人サイトを利用する方も増えてきました。
エンジニア・IT関連に特化した求人サイト『ENGINEER NAVI』をご存じでしょうか?
他のサイトとは一線を隔した求人サイトで、完全に無料で利用できます。

サイトの運用実績は5年以上です。
独自で築いた顧客ネットワークにより、大手企業・中小企業・小規模事業所すべてと契約を交わしています。
優秀なエンジニアからの応募が多いこともあり、多くの企業からの信頼も厚いです。
求人サイトとしてフリーランス 開発案件は提供しますが、ほとんどが直案件なので交渉は個人と企業によって行えます。

実績やスキルに自信がある方なら、ENGINEER NAVIの利用もお勧めです。

応募案件でも十分に高単価ですが、案件だとさらに高単価が望めます。
高収入を狙っているエンジニアであれば、ぜひとも利用してもらいたいシステムです。

制御・組み込み案件も豊富です

制御・組み込み系のエンジニアの募集は、さまざまなIT企業で行われています。
求人内容を見てみるとよく分かりますが、ハードの制御やプログラム開発を行うものからアプリケーションソフトの開発を行うものまでさまざまです。
その為、フリーランス 制御・組み込み系エンジニアの活躍できる幅は非常に広いとも言えます。

これからフリーランスとして働く方にお勧めなエンジニア専門の求人サイトはENGINEER NAVIです。
求人内容は全て公開されており、企業名も業務内容も一目で分かるようになっています。
どの案件も高単価なものばかりなので、雇用されていた時よりも収入アップにつながることは間違いありません。

サイトは5年以上も運営されており、多くの企業と契約をしています。
得手不得手があるのであれば、まずは確実に収入につながる仕事に応募してみましょう。
実績が少なくても、多少の経験があるのであればどんどん応募してみるのもいいかもしれません。
数件の案件を抱えられるようになれば、収入は今までの数倍にもなります。

スキルや実績に自信があるならば、専任コーディネーターによる紹介制度を利用してみるのもいいでしょう。
職務経歴書を渡しておけば担当者から連絡が来るようになっています。
交渉術を駆使すれば、応募案件よりも高単価で仕事が請け負える可能性があります。

フリーランスの年収はどれくらいが理想?

現在は企業に雇用されている方でも、いずれはフリーランスになりたいと考える方もいるはずです。
その際に気になるのがフリーランス 年収だと思います。
エンジニアやIT関連では高収入になりやすいと思われがちですが、実際のところはどうなのでしょうか?

・一生努力をする必要がある

フリーランス 年収を維持していく為には、一生努力をする必要があります。
雇用されている場合はそれほど実力のない人でもステップアップしていける可能性がありますが、フリーの場合は完全なる実力世界です。
稼げるときもあれば稼げない時もあるのが実情と言えます。
IT関連事業は新しい技術がどんどん増えていくので、時代を先読みする力も必要になってきます。
流行とともに動いているようでは、いつまでたっても稼げません。

・いい案件に巡り合う必要がある

IT関連の仕事をするには、いい案件に巡り合う必要があります。
基本的には納期が終われば終了してしまうお仕事ですが、いい仕事をしていればさらに仕事を任される可能性が出てきます。
この繰り返しでどんどん収入を増やしていけば、雇用されるよりも安定した生活が望めるようになります。

しかし、理想と現実にはギャップがあります。
フリーランス 年収の平均的な相場は500万円前後と言われています。
これは雇用されている方の500万円よりも圧倒的に少ない年収です。
フリーランスを選ぶなら、低収入でもやりたい仕事だけを続けたい気持ちが持続しないとやっていけません。

自由に仕事ができるプログラマーになろう

フリーランスプログラマーにはさまざまなタイプがいます。

・毎日コツコツと仕事をしていくタイプ
・大きなプロジェクトで大きく稼いで長期休暇を取るタイプ
・会社員と同じように働いて、余暇はスキルアップに継ぎこむタイプ
・実務を経験してキャリアアップしていくタイプ
・高単価の報酬をこなして年収をアップさせるタイプ

自由に働けるのがメリットなので、どのように働いても問題はありません。
しかし、サラリーマンとは違って年金の保証などは一切ないので、大きく稼いで遊んでしまう生活だけは避けた方がいいでしょう。
一生働くつもりのある人なら問題ありませんが、やはりキャリアアップや年収アップをしながら稼ぐのが一番です。

毎日コツコツ稼ぐのもいいですが、低単価の仕事ばかりを引き受けているのならば雇用されていた方が安心です。
できるだけ高単価案件を選んで、年収をアップさせるのが一番です。

エンジニア・IT関連の求人に特化しているENGINEER NAVIなら、高単価案件に巡り合える率が高くなっています。
期間限定の募集がほとんどですが、優秀なフリーランスプログラマーであれば継続して仕事が発生する可能性が高くなっています。
直案件や逆求人案件などがあるので、仕事の幅も大きく広がることは間違いありません。

フリーランスSEの報酬を考える

フリーランス SEとして活動する時、求人サイトを利用する方と自ら営業をかけて仕事を取ってくる方に分かれます。
営業の場合は初めから直接交渉なので問題はありませんが、求人サイトを利用する際は注意が必要です。

求人サイトは一見すると利用者が無料で利用できるように見えます。
しかし、実際は代理業者が入って仲介料を受け渡しています。
本来ならばフリーランス SEに100%支払われるはずの報酬が、半分以下になってしまうことも珍しくありません。
実際にはそのやり取りが見えないので、フリーランス SEには100%受け取っているかのように錯覚させてしまいます。

エンジニアの専門求人サイトとして5年以上の運営をしているENGINEER NAVIでは、代理業者は一切介入していません。
自社営業をすることで獲得してきた契約なので、ほとんどの案件が直案件なのです。
そのため、他サイトでは見られない高単価報酬ばかりが目につきます。

実績のあるフリーランス SEには大きく活躍してもらいたいという考えから、
コーディネータ直接案件を紹介してくれるシステムもあります。
スキルが高い人にとっては収入アップのチャンスです!
高収入を目指しているなら、ENGINEER NAVIの利用がお勧めです。

フリーランスからプロパーまで紹介可能

IT関連の職業で何年かフリーランスで活動した後、再び企業への転職を考える人も少なくないようです。
理由はさまざまでしょうが、思ったように稼げなかったり安定しない収入に不安を覚えたりすることから考える人が大多数です。

フリーランス 転職をする場合は、企業から協調性がないと思われがちです。
もともと企業に雇用されていた人ならともかく、初めからフリーランスとして活動していた人は職探しに苦労してしまいます。
フリーランスでも協調性のある人は多いので、今までの営業活動で培ってきたコミュニケーションスキルをアピールしてみましょう。

どのようにフリーランス 転職をしていいか分からないのであれば、エンジニアやIT関連の求人を専門とするENGINEER NAVIに登録してみましょう。
ENGINEER NAVIにはさまざまな契約形態の案件が掲載されています。
正社員・契約社員・派遣社員・業務委託など、契約の形で仕事探しができます。

フリーランス 転職で正社員が不安だという人であれば、まずは契約社員や派遣社員での仕事探しをしてみてはいかがでしょうか。
業務委託案件で今までに出合ったことがないような高単価の案件を見付けたら、そのままフリーランスとして活動するのもいいでしょう。
現時点で金銭的に困っている方にもお勧めです。

フリーランスになるなら専門のエージェントがお勧め

フリーランスに憧れる方は多いでしょう。
雇用されるより稼げそうだと安易に考える方から、プライベートをもっと充実させたいと考える方まで、憧れる理由はさまざまだと思います。

IT関連の職業に就いている方は、大手ならともかく中小企業以下だと休みがないほど忙しい方もいます。
中には体調を崩してしまう方もいるので、スキルがあるならフリーランスという働き方の方が生きやすいこともあります。
実際のところ、フリーランス 採用はどれほどあるのでしょうか?

・動かないことには収入ゼロ

当たり前のことですが、自ら仕事を得ない限りは収入はゼロになります。
営業や求人サイトから応募をして、常に仕事を手に入れる状態にしておかなければなりません。
しかし、やみくもに仕事を入れても収入は安定しないのです。
できるだけ高単価の案件を狙い、契約した企業と信頼関係を築き上げるようにしましょう。

・求人サイトのわな

エンジニア・IT関連の求人サイトはたくさんあります。
特にエンジニアは人手不足ということもあり、募集は常に行われています。
フリーランス 採用も多数存在しますが、そこには仲介料が挟まれている場合があります。
求人サイトの社員が営業をしている訳ではないので、代行業者に仲介料を支払っているのです。
その分、応募したフリーランスの手元に残る報酬は少なくなってしまいます。

大きく稼ぎたいなら、案件が豊富なENGINEER NAVIに登録しましょう。
代行業者を挟まないので、公開されている案件が掲載している報酬をそのまま受け取れます。
高収入を受け取って、プライベートを充実させたい方にお勧めです。

エンジニア不足にはフリーランスが必要

慢性的なエンジニア不足になっている昨今、エンジニアやIT関連を専門とする求人サイトが多く存在しています。
求人サイトに詳しい方ならご存じでしょうが、大抵の場合は企業名も業務内容も非公開または一部非公開になっているのです。

サイトによって理由はさまざまですが、基本的に求人サイトに掲載されているフリーランス 募集は直案件ではありません。
代行業者が契約を取って掲載しているので、代行手数料が発生しています。
詳細な報酬が掲載されていないのは、企業が支払う報酬から代行手数料が半分くらい引かれているからです。
無料で利用できるものには、きちんとした理由があることを知っておきましょう。

ENGINEER NAVIはエンジニア・IT関連に特化した無料の求人サイトですが、代行業者を利用していません。
サイト独自で営業活動をしており、手数料を差し引く必要がないので高単価ばかりの案件が掲載されています。
フリーランス 募集にも業務内容は公開されており、応募がしやすくなっています。
交渉次第では応募案件よりも高単価で仕事が引き受けられます。
今まで仕事探しに苦労していたフリーランスにはお勧めです。

フリーランスに人気のエージェント

エンジニアやIT関連の仕事をするなら、専門求人サイトで職探しすることをお勧めします。
ただし、低単価な案件も多数存在しているので、利用するなら高単価案件ばかりを扱っているサイトを利用しましょう。
ENGINEER NAVIにはフリーランス 応募案件が豊富です。
これからフリーになろうとしている方にも、今まで職探しに苦労していた方にも利用しやすくなっています。

サイトの特徴としては、企業との契約に代行業者を使用していない点が挙げられます。
独自で築いてきた営業ネットワークのおかげで、全ての契約は直接契約になっています。
そのため、代行業者への仲介料が発生しない直案件を提供することができ、高単価での報酬を実現させました。

ENGINEER NAVIもフリーランス 応募者には人気が高いです。
会員登録をすると利用できます。
希望のスキルや職種などから仕事を検索してカンタンに応募できるのが人気の理由。
営業が苦手な方でも、企業からされるので高収入が目指せます。

登録も利用も完全に無料です。

プログラマーとして大切な案件選びとは

プログラマー フリーランスとして働くなら、ある程度覚悟しておかなければならないことがあります。
メリットとデメリットをしっかり把握しておくことです。

・営業力とコネがないなら収入ゼロのリスクがある

何よりも知っておかなければならないのは、デメリットが大きい点です。
どんなに優秀なプログラマーとして働いていても、コミュニケーション能力がない方は営業もできません。
プログラマー フリーランスにとっては良い顧客をつかむことが最高の収入アップにつながるので、どうしても苦手であるという方には向かないことになります。

自営業という肩書になるので、年金や保険などは自ら支払わなければなりません。
会社が負担してくれるわけではなく、ケガや病気で仕事ができない間は収入がゼロになるという覚悟も必要です。

・好きな仕事やスキルアップに時間を避ける

プログラマー フリーランスの最大のメリットは、好きな仕事を好きなだけ請け負えることです。
スキルや実績があれば、自分にしかできない仕事を任される可能性も増えます。

仕事をする期間を自由に設定できるので、スキルアップに時間を割くこともできます。
雇用されている間は社内の仕事しかできない面があるので、大きく飛躍したい方には最高の働き方です。

職探しに困ったら、求人サイトの活用も考えましょう。
ENGINEER NAVIなら、高単価案件と巡り合える可能性が高いです。
制度も充実しているので、営業力がなくても問題なく仕事が請け負えます。

フリーランスエンジニアに必要なこととは

エンジニア フリーランスは甘い世界ではありません。
そう話すのはひと昔前の人でしょう。
雇用から外れることで全てを一人で背負わなければいけない面も出てきますが、雇用制が安泰だという時代は崩壊してしまいました。
どのような形で働いても、甘い世界はないのです。

・エンジニア フリーランスになって将来を真面目に考える

どのような職業でも同じですが、フリーランスになることを止める人は必ずいます。
しかし、収入の不安定さ・老後・補償などは企業に属しているからといって安心できるものではありません。
忙しい思いをして体を壊すくらいなら、多少のリスクを背負ってでもフリーランスになる価値は十分にあります。

特にエンジニア フリーランスの場合はどこにいても仕事ができる職業です。
その為には、雇用されている間に経験を積むことが必要になってきます。
リーダー・マネージメント力があれば地方にいても仕事は舞い込んでくるので、これからフリーランスを目指す方は期限を決めてスキルアップに励みましょう。

・コネクション作りに励む

現在は雇用されている方も、既にフリーランスになった方も、仕事以上に大切なのはコネクションです。
その為には今の職場とも良好な関係でいることが大切になります。

求人サイトを利用する手もあります。
ただし、求人サイトの場合は報酬額が大幅に減ることだけは覚悟しておいた方がいいです。
報酬の半分くらいは、代行業者への仲介手数料として持って行かれるような仕組みになっています。

安定して稼ぎたいと考えているならば、エンジニアの専門求人サイト『ENGINEER NAVI』をお勧めします。
サイト独自の営業で契約を取っているので、高単価の直案件に応募できます。
ENGINEER NAVIを利用すれば、かんたんに希望の求人が見つかりますよ

デザイナーとして独り立ちするための環境

デザイナー フリーランスになる方は結構いらっしゃいますが、挫折して再就職する率も高いです。
これからフリーランスになろうと考えている方は、自分自身が向いているかどうかを確かめてから決定しても遅くはありません。

・気持ちの切り替えが上手ならばOK

デザイナー フリーランスの職場は自宅になります。
最近はコワーキングスペースやカフェを利用する方も増えましたが、経費として計上できなければ無駄な金額にもなってしまいます。
その為、多くの方々は自宅での仕事になるのですが、仕事をする気持ちを奮い立たせることができなければ収入になりません。
気持ちの切り替えが下手な方は、フリーランスは諦めた方がいいでしょう。

・孤独を愛せるならばOK

孤独は言い過ぎかもしれませんが、黙々と作業をすることには変わりありません。
誰かに監視されるわけでもなく、誰かとおしゃべりをする時間があるわけでもなく、とにかく孤独な時間との戦いになります。
孤独が愛せない方には難しい働き方です。

・ネットワークが広いならばOK

孤独とは対照的なものになりますが、ネットワークは非常に大切です。
いい顧客をつかむことは、収入にも反映されます。
ネットワークが狭いと仕事も入って来ませんので、常に誰かとつながっていられる方は強いです。

フリーランスに向いているような気もするけれど、仕事が探せるかどうかで不安に思っているならENGINEER NAVIに登録してみましょう。
エンジニア・IT関連に特化した求人サイトで、高単価の直案件が豊富です。
高収入を目指すのも夢ではありません。

フリーのプロジェクトマネージャー求む!

プロジェクトマネージャー フリーランスは、IT関連の中小企業や小規模事業所にはなくてはならない存在です。
納期や限られた予算の中でスムーズに仕事をこなすには、エンジニアをまとめるリーダー役が必要となります。
大手企業の場合は自社でプロジェクトマネージャーを立てる余裕がありますが、少ない人数で回している会社では兼任しているプロジェクトマネージャーもいます。
これでは客観性に欠けるデメリットもあるので、外注で雇う会社が増えました。

プロジェクトマネージャー フリーランスに求められるのは、今まで培ってきた実績です。
優秀なリーダーがいるところでは、例え困難なトラブルに対面してもスムーズに仕事が進んでいきます。
企業内であるいはフリーランスとしての実績やスキルがあるならば、できるだけ高単価で質の良い仕事を得た方がこれからのスキルアップにもつながります。

エンジニア・IT関連の専門求人サイト『ENGINEER NAVI』には、プロジェクトマネージャー フリーランスが働きやすい求人が多数掲載されています。
自社営業をして契約を取っているので、直案件に応募ができるのです。

iphoneアプリ開発でエンジニアレベルをアップ

スマートフォン全盛期になっている昨今、スマートフォンアプリを得意とするエンジニアにはあふれんばかりの仕事があります。
iphoneアプリ 開発 フリーランスとして活動している方は、どんな求人サイトを見ても仕事に困ることはないでしょう。
しかし、請け負っている仕事に満足できていますか?
もし満足できていないとしたら、求人内容を見極める力が必要かもしれません。

エンジニアの専門求人サイトとして5年以上の実績を誇るENGINEER NAVIは、自社営業で多くの企業と契約を交わしています。
代行業者を挟んでいないので、報酬単価を掲載する際に仲介手数料を差し引く必要がありません。
さまざまな案件を扱っている求人サイトはほとんどないので、営業の苦手なiphoneアプリ 開発 フリーランスは低単価の仕事しか請け負えない可能性があるのです。
ENGINEER NAVIなら無料で登録できて、尚かつ高単価の業務委託案件に応募できます。

優秀なiphoneアプリ 開発 フリーランスにうれしい制度もあります。
実績やスキルに自信がある方なら、誰でも利用ができます。
制度を利用しても完全に無料なので、高収入を狙っている方にお勧めです。

javaプログラマーになれば幅広い分野で活躍が可能

サーバサイドプログラミングといえば真っ先にあげられるのがjava言語、WebサイトのページにJavaプログラムが埋め込んであるJavaServer Pagesなども有名です。エンジニアのための案件、お仕事の数も多いカテゴリーですが、javaと聞いただけでその魅力をズラズラーと吐き出してしまう、そんなエンジニアに言わせてみれば、

●開発環境がフリー、つまりパソコンとインターネットがあれば準備はOK
●OSに依存しないためLinuxからWindows、他にも様々なデバイスで動作可能。
●APIやクイリー系、ライブラリーが充実しているためやりたいことにマッチさせて即座にプログラムができる。
●オブジェクト指向で敷居が高そうな割には初心者向け。

もう1つ挙げれば、javaはとても楽しい言語であるとも言えます。生産性も楽しさも、色々な観点から考え抜かれ、個人ではなく企業からリリースされたのもjavaです。
htmlやPHPが得意なWEBアプリ分野のエンジニアにもやはり一度はチャレンジがお勧め!そしてjavaのフリー案件ならこちら!

java フリー

今の会社ではどうしてもスキルアップできない!もっとプログラマーとしてのスキルを延ばしたいという方に!

プログラマー 求人

報酬が安い、派遣会社との契約内容がなんとも納得できない、、このようなエンジニアは多いはず!これからの将来を考えたら、このサイトは要チェックです!

フリーランス

フリーランスの仕事やメリット、生き方について

フリーランスエンジニアを別名ノマドとはよく言います。ノマドとは放牧民、つまり自由な人を意味しますが、一意に憧れてしまうという方も多いようです。しかしながら現実はそう簡単ではない、こう多くのフリーランスが言います。

またフリーランスといえばフリーライターなどが従来から多いカテゴリーですが、最近はフリーランスのIT系エンジニアが目立って多くなっています。フリーランス=フリーエンジニアですが、エンジニアとしての仕事の多くは企業での仕事、つまりプロパーの人と肩を並べてできる仕事です、これに対してフリーライターの場合は起業後にビジネス上の詐欺にあったことがある、金銭的に多大な損害を受けてしまった、などという例も多いようです。ビジネスプランとして合意の上で始めた仕事、のちに相手が消えてしまう、このような事態になるのはやはり避けたいものです。

フリーエンジニアのメリットはIT技術だけで勝負できることです。もちろんこの業界はつねに進歩を積み重ねなければなりませんが、何も初歩からスタートさせるわけではありません。徐々に積み重ねていって始めてフリーエンジニアになるチャンスを得て、レベルアップしていくのが基本です。何が起きても自分の責任として考え、また解決できる自信のあるエンジニアになること、この1点に尽きます。後はどのようなスタイルで進歩しようと自由です。独自のアイディアをカフェで練ったり、クールなスタイルを確立したい方にもマッチしています。

フリーランスの仕事を探すならこちらから。
フリーランス
ポジション別に紹介されています。一例を紹介します。
SE 求人
プログラマーの求人情報はこちらから。高額案件が時々更新されるので、ぜひチェックしてみてください。
プログラマー 求人

cobolとオープン系技術との違いとは

COBOLの魅力

COBOLという技術は知っていますか?などと聞かれると、何やら古めかしいような気がしたり、プログラム言語だとわかるととてつもなく遅いシステムのような気がしたり、とにかくオープン系、パソコンやワークステーション世代にとってはわかりずらいものと言えます。しかしこのCOBOLは今でも現役です、バリバリに、と付け加えてもかまいません、COBOLエンジニアばかりで業務を展開しているベンチャーさんもあったり、特に業務的には金融や保険業界にアプローチできる力があると強みであるとも言われています。

またCOBOLはVBやPHPでWEBに携わってきた方にはかなり難解かもしれません、コードを書く目的がインターフェース度外視であり、またCOBOLはバッチ処理主体ですから、ジョブを考えて連携させるようなスキル、素養も大切ですね。IT系の技術に興味がある若い方にも、手に職をつけたいという方にもお勧めの技術です。現役バリバリのjavaプログラマーの方もCOBOLに転身するようなケースが多いようです、最近はソーシャル系に走る方だけでは無いんですね、もちろんどちらも魅力的ですし、WEBの世界には興味が尽きた、なんて人にも似合うような気がします。

フリーランスに特化したエージェントの強みは?たくさんあります!老後が心配だ、という方にもお勧めしたいサイトです!フリーランスエンジニアになる方はどんどん増えています。

cobolはメインフレームからオープンの時代

COBOLは仕事が豊富

COBOLといえばメインフレーム系、でも今はオープン系COBOLかな、と思えばやはりユニシス等ベースの案件も豊富です。例えば生保や損保系も多いですが、COBOLで設計、開発、テスト、とユニシス周りのスキルもあれば、こんな感じの案件も豊富です。保険業務の知識も大切です、オープン系のSEとはちょっと違う中身ですね。最近はパソコン標準であるインテルアーキテクチャー上にメインフレーム環境を構築したり、仮想化等も幅広い技術が利用されています。

COBOLプログラマーはシニア世代だろう、という方も多いですが、実際は若い方も多いです、20代でもメインフレームといえば20年も前の場面に遭遇しているような感じもしますけど、COBOLこそもっとも現役期間が長い言語です。

銀行や証券でもCOBOLは価値ある言語です、業務直結の言語ですから、エンジニアとして仕事が無くなる心配もありませんし、javaやPHPとも違いますね、既存のアプリケーションがあるから遠慮するようなことも無いわけです。

COBOLプログラマーの報酬は?実際javaやC言語のエンジニアと比較して見劣りするようなこともありません。フリーランスの方も多い分

フリーランスの報酬は高いけど、なんとなく保険などの処理が面倒だ、という方、正社員の方にもお勧めです!

vbaプログラマーを求める企業が増加中

VBAプログラマーが欲しい!

オフィスで最も広範囲に利用されているアプリケーションといえば、MicrosoftのOfficeです。エクセルやワード、パワーポイントやアクセス、他にもプロジェクト管理、メーラー等がありますが、やはり主軸はエクセルですね、表に色々なデーターを作成していく感じですが、1人につき1日に10ファイルは増えているような業務の現場も多いそうです。1つのファイルサーバで1日に100ファイル増えていくとして、1ヶ月経ったら相当なファイルが増えます、もちろんファイルサーバーも容量が足らずに仕舞いにはエクセルファイルをまとめなければならない、バックアップしておかなければならない、こんな感じで蓄積していくと過去のデータをどんなフォーマットで作ったかもわからなくなってしまいます。

VBAプログラマーとしてこんな状況に接することは日常茶飯事です。もっとデータをうまく活用できるようにしたい、VBで書いてほしい、データベースと連携できるようにしたい、オーダーも色々です。VBAはプログラマーとして仕様書も書かずにどんどん仕上げていくタイプの案件も多く、逆にユーザの要求を素早く理解してコードに移すようなスキルが大切になってきます。

フリーランスの案件でもこの領域は常にある程度バリューがありますね、こちらのエンジニアナビでもオフイスの救世主に期待をかけている案件が豊富です。

Linuxエンジニアの方にもお勧めです!

インフラエンジニアって不足しているの?

インフラエンジニアが足りない!

サーバ、ルーター、ファイアーウォール、プリンターなどなど、インフラエンジニアの守備範囲はとても大きく、また現状インフラ系は絶対数が不足しているとも言われ、どこの企業、ソフトハウスでもインフラに強いエンジニアを求めている状況です。ベンダーにサポートを依頼しながらもサーバのチューニングにもっと力を入れたい、これ以上コストをかけないで運用面をもっと強くしたい、こんな感じで苦労している現場が多いとはあまり考えないかもしれませんが、サーバがダウンしてしまうとかなり業務に響きますし、サーバのハードエラーもいつ起こるかわからない、問題なく稼動してくれているから、と不安になっている気持ちもよくわかるような気がします。

インフラエンジニアとして一般的にこのスキルがあれば、という例はやはりLinuxですね、Linuxのできればカーネルをカスタマイズできる程度、プログラミングのスキルもあって、cronや一般的な管理コマンドが理解できる、運用面も広範囲にカバーできるような方であれば理想的と言えるでしょう。

最近は仮想化技術も進歩していますが、vmwareを始めクラウド系の技術でも仮想化は重要なスキルです。

エンジニアナビではインフラエンジニアの案件にも力を入れています。日々大量の案件が更新されています、早い者勝ちでどんどん消化されていますので、気になったらすぐにチェックすべき、フリーランスにとってこれ以上便りになるエージェントは無いかもしれません。

javaの仕事はフリーランス形態がお勧め

javaエンジニアになりたい!

javaエンジニアにとって自社開発のソーシャルゲームやアプリはとても魅力的だと思います、サーバーサイドプログラマーとしてデータベース連携に携わり、ゲームユーザを驚かせるような素早い動作を演出するためにもjavaプログラマーのスキルは必須です。javaは請負案件も豊富です、実績を積み上げてプロジェクトリーダーになるエンジニアも多くいます。

javaプログラマーであれば将来性も高いと言えます。CやPHP、VB等にもリーチするエンジニアが多いのもjavaの特徴です。javaは他の言語のいいところを見習って開発されていますので、javaに戻ってくるエンジニアも多いようですが、広範囲にスキルを身に付けることでより幅広い案件に関わっていくことができ、色々な意味で提案にも強いエンジニアになれるはずです。

最近はjava系もオフショア開発が優勢になってきています、アジアでは中国でオフショアを管理してほしい、こんな感じでjavaのシニアエンジニアに声がかかるケースも多いようですし、都市部よりも地方の単価がかなり低いそうです。

フリーランス志向の方に是非チェックしてほしいサイトです。javaプログラマーの方にお勧めの案件も勢ぞろいしています!

javaの開発環境を学ぶ

javaの開発環境とは

UNIXのシェルに入ってシェルをVIで書いているエンジニアさんに、javaでプログラムを依頼すると、javaで書いてもいいけどどんな環境で書くの?と面倒くさそうに聞かれることがあります。javaってテキストベースで書けるかといえば書けますが、ほとんどのエンジニアさんはVIでは書いてないでしょう。シェルはインタープリターです、そのままOSが認識して処理されますが、実際javaの開発は比較にならないほど面倒なんですね。コンパイルしたり、クラスパスをチェックしたり、WEBであればxmlを設定したり、でもこのような場合に役立つツールもたくさんリリースされています、その中でもお勧めなのがEclipseです。Eclipseはフリーで配付されているのにほとんど自動で済んでしまう、かなり優秀なサポーターと言えます。もちろんデバッガーにとっても有効です。Eclipseのインストール方法、使用方法、javaの基本的知識、この3つができていれば後はもう開発に専念するのみ、きっとインフラエンジニアの方もjava一辺倒に嵌るかもしれません。

Eclipse的環境で開発をしているプロジェクトもたくさんありますね、もちろんフリーランスのための案件も豊富です。javaですからある程度スキルを身につけたらさっそくフリーで、もっとたくさんの案件に関わってみたい、と考えるのも頷けます。

javaエンジニアになる方法

javaエンジニアになろう!

普段何気なくWEBブラウザからファイルをアップロードしようかと思ったらjavaが必要です、などとメッセージが表示されてしまう、このようなリアクションを受けることはよくあることですが、Flashに次いで多いといわれるのがjavaです。フラッシュの場合はすでにブラウザーにインストールされているものもありますが、javaの場合は後からシステムにインストールしなければならず、SUNのサイトからダウンロードしてインストールすればやっと利用できるようになります。

javaをダウンロードすると今度はブラウザ的機能だけでは満足せず、せっかくダウンロードしたんだからjavaをもっと知りたい、と考えるかもしれません。javaでプログラミングをしてみたり、あるいはWEBサーバ開発用のツールをダウンロードしたり、javaって面白いな、などとどんどん深みに嵌ってしまう、こんな感じでjavaにのめりこむ方って多いらしいですね。

もちろん個人でjava使いになるならエンジニアとしてそのスキルを役立てたほうがスキルアップにも効果は大ですね、ところでjavaってプログラマーとしていくらくらいもらえるの?と気になる方にはこちらのサイトをお勧めします。

プログラマーとして必要なスキルを考える

プログラマーのスキルイメージ

ITエンジニアの基本といえばプログラミングです、またプログラマーにもたくさんの種類があります、SQL、java、PHP、COBOL等それぞれにターゲットとするシステムも違いますし、プログラマーとしての単価にも差があります。また一般に1つの言語だけを習得していて他の言語は書けません、という方は稀ですね、javaであればPHPもわかる範囲だろう、と採用担当者は考えると思いますし、Linux系の経歴が多ければシェルも任せたいし、データベースの部分もmysqlで、こんな感じで期待された場合、後から後悔しないようにスキルを持っておくべきだな、と考えるでしょう。

プログラマーの報酬については月単価で50万円程度が多くのエンジニアにとって理想と言われています。もちろんコードを仕様書に沿って書くだけではなく、設計面にも携わってほしい、という案件も増えています。またHTMLコーダーの場合はデザイン面もできる方、たとえばフラッシュ、javascriptやイラストも手掛けられる方であれば理想的と考える企業が増えているようです。

プログラマーは多彩なスキルを持っているべき、特に大規模なプロジェクト以外のWEBの案件などではかなりシビアに考えておいたほうがいいかもしれません。企画にも参加したり、それぞれのエンジニアが色々なアイデイアを出し合ってやっと面白いコンテンツができる、こんな感じで仕事をしているベンチャー企業もどんどん増えているようです。

上流工程として要件定義をこなすために

ITエンジニアの悩み

要件定義のフェーズではエンドユーザが新しいシステムで何をしたいのかをまず整理し、インタビューしながら実装すべき機能を決め、性能面等も含めてシステムの目的を明確化します。要件定義は理想を決めるものではなく、技術的に困難なものはほとんど無い状態にすることも大切です。しかしながら要件定義には後日決定の要素も多分に含まれることが少なくありません。当然問題になるのがこのような部分だ、とよく言われますが、エンドユーザーが納得しないうちに決定してしまったり、結局のところ何を実現するためのプロジェクトなのかはっきりしない、このような失敗例も多いと言われています。

要件定義のスキルにはやはりエンジニアごとに差があります。要件定義の手法、手順化された方法などが確立されてこない限り、エンジニアごとに差が生じることはいつまで経っても避けられません。要件定義、モデリング、設計のレビューなど、プロジェクトの肝となる部分のうちなかなか手法を確立することが難しいエリアはたくさんありますが、要件定義はその中でもごく重要な部分です。

こんな感じで要件定義を考えて見ると、かなり焦ってしまうエンジニアさんも多いのではないでしょうか、中にはもっと広い世界でプロジェクトの進行を理解したい、と考えるエンジニアも多いようです。

受託案件の種類も豊富です!こちらのサイトはフリーランスに特化したお勧めの案件情報、エージェントのサポート情報をチェックできます!

java人気に低迷はなし!

javaエンジニアの報酬は

javaプログラマーの報酬はいくらくらいか、ちょっと前までは平均して50万円を切ることは無いだろうと言われていましたが、最近はもっと安い案件も出てきているようです。javaとPHPを比較してみると、同じような機能を実装するための行数はPHPよりもjavaのほうがかなり多いといえますが、それでもWEB構築案件でPHPエンジニアの単価が50万円、javaのサーバサイドと同じ程度、ということも珍しくないようです。

javaはフリーな言語だ、などともよく言われますが、プラットフォームを問わずにそのまま移植できたり、オブジェクト指向言語としては書きやすさもかなりあります。PHPは敷居が低いともよく言われたものですが、最近はどちらも同じレベルの言語である、と解釈しておくのが妥当かもしれません。

それでもjava言語はエンジニアサイドにとっては人気が高い言語です。Androidの例を挙げれば、新しいプラットフォームが登場した場合にjavaやjava的なフレームワーク等がデフォルトになる確率も高い、こんな理由を挙げる方も多いようです。

javaの魅力をとことん追求したいという方にはフリーランス案件をお勧めします。こちらのサイトはたくさんのjava的案件があります!

Android開発は習得しやすく案件も多い

Androidエンジニアのメリット

iPhoneかAndroidかどちらのプラットフォームで開発する?iPhoneはObjective-Cがメインとなります、つまりC++のスキルも活かせますが、Androidはjavaです、またJavaといえば現在もっとも主流と言える言語であり、幅広い業務、プラットフォームで活用できる技術です。個人ユーザがマーケットに登録しようと考えた場合、iPhoneの場合は費用が高くつくな、と考える方も多いようですが、AndroidアプリはIDEについても無償で入手することができます。

このような経緯からどんどん増えているAndroid開発者、あるいはAndroidプレイヤーなどとも呼ばれますが、魅力的なインターフェース、画期的なデータ活用のアイディアを持つ人気のアプリも多数リリースされています。

Androidアプリはjavaですが、C++の素養がある方も十分に活かすことが可能です。Android系で開発がしたい、仕事にしたい、と考えてフリーエージェントに登録する方も多いようです。転職の方法にも色々です、正社員でまったく異業種から転職する方にはフリーランス志向の方も多いようです、チャレンジ志向、まさに時代を切り開いていくような言葉ですが、iPhoneよりもユーザが多いAndroidの世界で、正に時代のキラーとなるようなアプリを開発するなら、今が最大のチャンスではないでしょうか。

1日400件以上の新規案件!非公開案件も多数あり!
大手からベンチャーまで1,000社以上の取引実績【ENGINEER NAVI】

圧倒的な案件数と実績でフリーランス・フリーエンジニアの方に指示されています。
フリーエンジニアの経験がなくとも、利用は可能です。

フリーランス、フリーエンジニアの為のIT求人【エンジニアナビ】≫≫≫≫


最近の投稿